ベビーカーの携帯性:マクラーレンベビーカー選び方

ベビーカーの携帯性

使用しないときは折りたためて便利なマクラーレンベビーカーですが、場合によっては片手で赤ちゃんを、もう一方の手でベビーカーを運ばなくてはいけないこともあります。

そういったときにそのベビーカーがどれぐらいコンパクトになるのか、片手で運べる重量なのか?といったことも考慮しておくことが必要です。

車で移動できるのなら別ですが、電車やバスなどで移動する際には、軽量でコンパクトなベビーカーが便利だというのは言うまでもありません。

ですが、コンパクトだから軽量なベビーカーとは限らないのです。

この”軽量”と”コンパクト”は相反するものだからです。

なぜなら、ベビーカーをコンパクトにするためにはそれだけの機能と丈夫さが必要になるからなのです。

機能を盛り込めばそれだけ重量は増えます。そして細くても丈夫にするためには重い材質が使用されるからなのです。

軽量コンパクトな他メーカー製ベビーカーも登場していますが、値段が高いのが難点です。

マクラーレンのトライアンフは、6キロ近い重さがありますが、これは重くなるということを割り切り、それ以上に安定性を求めて設計されているからです。

軽量さだけを求めるのであれば、コンパクトなものではなく、ヴォロー(マクラーレン製のベビーカーの中では最軽量)などの通常のサイズのベビーカーを選んだほうが良いといえます。

このように、ベビーカー選びの際には、ベビーカーの重量も考慮する必要はありますが、それ以上に、ベビーカー自体の携帯性といった、持ち運びやすさや収納性も考慮することが必要といえます。

ベビーカーの選び方

Sponsored Link

SEO

マクラーレンベビーカーは、快適性や操作性だけでなく、デザインも豊富で、何より質感の高さと安全性能がその人気の秘密です。-

マクラーレンベビーカーは、子供の年齢や生活環境にあわせ8種類のバリエーションの中から最適なベビーカーを選ぶことができます。

Sponsored Links