ベビーカー個人輸入:マクラーレンベビーカー選び方

ベビーカー個人輸入

マクラーレンベビーカーを個人輸入で購入

マクラーレンベビーカーを入手するには、個人輸入で購入するという方法もあります。

日本の販売店で購入するより安く、また海外限定カラーモデルなどもチョイスすることができます。

しかし、個人輸入を行う際には、ベビーカーの購入の仕方から、支払い方法までスムーズにやり取りするために最低限の英語ができなければなりません。

ですが、今ではインターネットでも世界中のショップで買い物できる時代ですから、個人輸入の敷居はそれほどは高くないといえます。

それでも、万が一トラブルがあった場合には、全て自己責任となり、自分自身で対処する必要があるのです。最悪な場合には、詐欺サイトで代金を払ったけどなにも送ってこないということもありえます。

またベビーカーを購入した後、故障や破損などで、修理などのアフターケアが必要な場合には、基本的に購入した国の販売店に問い合わせなければなりません。

そして忘れてはいけないのが関税や消費税です。購入した本人が使用する目的で個人輸入を行った場合、購入金額プラス、それに税率を掛けた額が1万6千円程度までならば、関税は免除(購入物品により税率は細かく変化しますので一概には言えません)されますが、地方によっては消費税を支払う必要があります。

個人輸入を行うなら、最低限、輸入に関するこういった最低限の知識も必要と言えます。

また、ベビーカーを購入後、破損した場合などは、基本的に正規販売店(野村貿易)で購入したマクラーレンベビーカーでなければ、日本では修理を受け付けてもらえません。これは、マクラーレンベビーカーには、それぞれにシリアルナンバーがついており、どこの国で製造されたかがわかるようになっており、日本以外で販売されたベビーカーかどうか、このシリアルナンバーを見ればわかるのです。

代行業者に頼んで海外から輸入してもらった場合には、その業者に問い合わせれば、破損部品の調達などは引き受けてもらえる場合はありますが、購入前にアフターケアのことも十分考慮しておくことが大切です。

いろいろ大変そうな個人輸入、ですが日本にない海外限定モデルのマクラーレンベビーカーはやはり魅力ですね。自己責任で探せる方であれば、ぜひトライしてみてください。

マクラーレン購入法

Sponsored Link

SEO

マクラーレンベビーカーは、快適性や操作性だけでなく、デザインも豊富で、何より質感の高さと安全性能がその人気の秘密です。-

マクラーレンベビーカーは、子供の年齢や生活環境にあわせ8種類のバリエーションの中から最適なベビーカーを選ぶことができます。

Sponsored Links