マクラーレンベビーカー デメリット:マクラーレンベビーカー選び方

マクラーレンベビーカー デメリット

マクラーレンベビーカーの不満点

いまや、輸入ベビーカーの定番ともいえるマクラーレンベビーカー。その人気の秘密は、ただ海外のセレブ達が使用しているから、おしゃれなデザインだからといった事だけではありません。

その使いやすさや機能性などが証明され、良いものとして口コミで広がったからなのです。

日本だけでなく海外でも、特に都市部では、マクラーレンベビーカーの使用率がほかのメーカー製ベビーカーに比べ圧倒的に高いといわれています。

そんなマクラーレンベビーカーですが、メリットだけでなく、すでに使用者しているママたちにも大なり小なり不満な点はあるようです。

ここでは、マクラーレンベビーカーのデメリットをあげてみます。

重量が重い:4歳までの使用に耐えるように設計されているために、他メーカーのベビーカーに比べて重い。

自立しない:折りたたんだ際にベビーカー自体では自立しません。

対面式タイプではない:今流行の赤ちゃんと対面できるタイプのベビーカーではありません。

フラットにならない:赤ちゃんの首がしっかりする生後2、3ヶ月までは使用できません。

シート前にバーがない:赤ちゃんがバーにつかまり立ち上がって、転落する事故が増えているために、バーは採用されていません。

たたんだ際、タイヤが上部に来る:タイヤカバーでタイヤの汚れを周りにつけないようにできますが、取り付けは少々面倒。

ハーネスのロックが掛けづらい:古いタイプのロックを使用しておりロックしづらく、またはずしづらい。

値段が高い:国産のベビーカーと比べ、輸入品なのでお値段は割高。ネット販売限定の格安モデルなどもありますが入手は困難。

使用環境でほかにもデメリットは増えるでしょうが、中には改善できることもあると思います。 いろいろと工夫してみてください。

マクラーレンベビーカー

Sponsored Link

SEO

マクラーレンベビーカーは、快適性や操作性だけでなく、デザインも豊富で、何より質感の高さと安全性能がその人気の秘密です。-

マクラーレンベビーカーは、子供の年齢や生活環境にあわせ8種類のバリエーションの中から最適なベビーカーを選ぶことができます。

Sponsored Links